伊座利キャンプ2009



f0065016_14432566.jpg



徳島の県南、伊座利へ行ってきました。
僻地の小さな漁村「伊座利」ですが、廃校の危機に陥った学校の存続を掲げ、
住民自らが積極的に地域外からの漁村留学を推進したり、草の根的に地域の
活性を図っています。そんな気概ある人達の住む伊座利は、知る人ぞ知る魅
力ある場所。

今は子供たちの仲良しTさん一家が住んでいます。
僻地ときいていたので、相当覚悟して行ったのですが、最後に峠越えがある
ものの、思ったよりも近くラクに行けました。

伊座利の展望台より。ここに立つと、地球が丸いことがよくわかります。
こ〜んな広い海を見ていたら、日頃の悩みごとなんて些細なことに思えてく
るなあ〜

お盆明けということもあってか、今回もキャンプ場は貸切です(笑)


f0065016_1533170.jpg小中一緒の伊座利校。
玄関からちょっと覗かせてもらいました。
玄関を入ってすぐの廊下が図書室です。
教室に入るまでに必ず通る場所。
図書室、という閉め切った空間ではなく、
必ず通るこんなところに本が並べてあったら
子供も本を手にとりやすくなるんじゃないかな。





f0065016_1595999.jpg伊座利校前の小さな坂を下りると
すぐそこに伊座利川が流れています。
水着に着替えて早速川遊び!





f0065016_15114030.jpg網ですくうと、すぐにエビやカニ、タニシが
獲れました^^
伊座利っ子たちは、自作の釣り竿やしかけを
作って、魚やうなぎも獲るそうです。




f0065016_1522733.jpg

川沿いの坂をゆるゆると下っていくと伊座利港。
友達に教えてもらって息子は海釣りに挑戦です!

漁港のすぐ前にはイザリcafeがあります。
みんなでお昼ごはんをいただきました。

川や海でたっぷりと1日遊び、夜はTさん一家と一緒にバーベキュー。
波の音を聞きながらの楽しい夕食でした^^


f0065016_15293347.jpg

次の日。
キャンプ場イザリーノをずっと下って行くと、小伊座利と呼ばれる石の浜があります。
波が荒いので、ここの石はみんなまんまる。

すっかり海の男になったT君とTくんのお父さんに教えてもらって、夫と息子は
磯もの獲り。息子は初めて獲ったウニに感激☆
ほかにもヨメノサラやカメノテという貝。ヨメノサラはちいさなちいさなアワビのよう。
カメノテは本当に亀の手?というようなギョっとするような見た目だけれど、固い殻の
中には美味しい磯の恵み。そんな姿は何のその、夢中でかぶりつく娘です^^

遊ぶのに一生懸命で、この日の写真は全く撮れていません。こんな磯ものたちや、雰囲
気ある漁村の風景をカメラにおさめておけたら良かったのだれど・・・

新鮮な魚やアワビ漁で有名な伊座利ですが、アラメという海藻も産物のひとつです。
私が以前から愛用している「伊座利のアラメちゃん」
このアラメの元の姿も初めて見ました。
アラメちゃんは、ヒジキなどと同じように、根菜や油揚げと一緒に煮付けることも
できますが、水で戻してそのまま食べられるので、アラメとツナ缶を混ぜて、ポン酢を
かけて出来上がり!のお手軽な一品としてよく利用しています。

丸2日間、Tさん一家と自然にたっぷり遊んでもらって、大満足のキャンプでした。
伊座利、また行っちゃいますよ〜!!
[PR]
by niji-no-tane | 2009-08-21 16:23 | 家族
<< 夏の終わりのダンス 阿波の華 >>