ヒガンバナ




f0065016_21511829.jpg



f0065016_21513253.jpg





ある日突然ハっとするような鮮やかな赤が目の端に飛び込んできて
ああ、そうだったそういう時期だったと気がつきます。
これだけ気候が年によって違うというのに、きちんとお彼岸の頃に
姿を現す、なんとも独特の存在感を持った花です。
いつの間にか土手は真っ赤に染まっていて、この世と黄泉の国を結ぶ
赤絨毯のようです。
じ〜っと眺めていたら、中国や北朝鮮の一糸乱れぬ舞踊を連想して
しまうのは私だけでしょうか?
[PR]
by niji-no-tane | 2009-09-27 22:03 | 花とりどり
<< 金色の毛皮 たまごにいちゃん・たまごねえちゃん >>