そういう時代?

f0065016_22233473.jpg
黒木瞳が「これからはオール電化の時代ですよ!!」というCMをみて
ふと思った。
生まれたときからオール電化の家庭で育ったら「火」を見たことがない、
という人もできてくるのかな?
そういえば家庭で「火」を見ることができるのってガス台くらい。
私が小さい頃は庭でゴミを燃やしたり、たき火したりしていたけど、
今はそれもできないし、囲炉裏や暖炉がある家というのもそれほど
多くはないと思う。
キャンプファイヤーでもしなければ「火」を感じることってないのかな。
そう考えると私も最近ではメラメラ燃える火って見ていない。
炭で火は熾すけれど、炎が燃え上がるわけではないし。
小さな頃を思いおこしてみると「火」はきれいだった。
勢いや風によって色合いや形が変わったり、ひのこが飛んだり、
いろんな音がしたり。暖かかったり、熱かったり。
何となく怖さもあったけれど、飽きずに眺めていたなあ・・・
ある程度大きくなってからは、燃え尽きるのを見届けて
最後に水をかける役目だった。ジュッ
実際「火」を経験したことがなければ、熱いのか冷たいのかも
怖さも・・・わからないよねえ
そういう時代?極端すぎる発想かな?
[PR]
by niji-no-tane | 2008-04-26 22:56 | 虹種ひとりごと
<< おみやげ 予感 >>