<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春の味

f0065016_0454876.jpg庭のお茶の木に新芽がたくさん出てきました。新しい芽には伸びていくためのエネルギーと栄養がたっぷり詰まっているそうです。摘み取った葉を新茶として飲むところまではできませんが、てんぷらにして、ほろ苦い春の味と自然の力をいただきます。
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-29 00:57 |

ひょうたん島クルーズ

f0065016_2141993.jpg
日曜日にひょうたん島クルーズに行ってきました。街の中心部を流れる新町川を、ぐるっと一周する20分程の船旅です。うららかな春の日ざしと川面を渡る風が気持ちよく、普段見なれた街の風景を違う目線から見る事ができるというのもまた、おもしろい。河口近くは水かさも高く、橋の下をくぐる時にはもう少しでぶつかりそう。おもしろがって手を伸ばして橋をさわろうとしたり、川岸で抱き合うカップルにまで手を振る息子。「海はひろいな〜」と延々熱唱する娘。短い船旅ながらも大満足の休日でした。
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-28 21:27 | 家族

トラに・・・

f0065016_12324243.jpg
保育園の先生に聞いた話。娘が大声で何か叫んでいるので「どうしたの?」と聞くと「ガオ〜って言いよったんよ!」。お節句の飾りと一緒に置いてあるトラの張り子にむかって『威嚇』していたらしい。怖いのでちょっと離れたところから・・・先生も大笑い。
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-23 12:38 | 家族

穀雨

f0065016_1562675.jpg今日は二十四節気のひとつ『穀雨』だそうです。近くのたんぼでも田植えが始まりました。
昨日息子は保育園で泣いたそうです。自分では何も言わなかったのですが、同じクラスのT君が「K君(息子)今日泣いて鼻水出て、A君に笑われた」と教えてくれたからです。T君が私に伝えると、横にいた息子の顔がさーっと曇ったので「鼻から鼻水が出たんだからいいじゃない。おかしくないよ。目や耳から鼻水が出たら大変だよ。」と言うと、安心したのかパッと表情が明るくなりました。私のヘンなフォローも効果があったみたい。結局泣いた理由は話してくれませんが、今日も元気に登園してるので、なんてことないんでしょう。
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-20 15:16 | 家族

露出過度

f0065016_1544939.jpg写真を撮る時、お天気の良い日にいっぱい光を入れて撮りたい、と思います。ホルガの場合、シャッタースピードが一定なので、空にむかって太陽の光をいれて〜、なんてしていたら大抵露出過度になってしまうようで、いつも現像所から「かなりの露出過度です」という紙が入ってきます。ピントにしても人ひとり、3人、6人、山ってマークが入っているだけなので、ピントを合わせるのも結構コツがいるようです。大体ボケてます。ボケがいい味になる場合もあるのですが、あまりにもボケばかりでは、それは下手ってことなので・・・気長におつき合いしていこうと思います。キャノンのEOSも使ってますが、こちらはマクロレンズの調子が悪く、だましだまし使っています。
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-19 15:59 | HOLGA

お散歩日和

f0065016_16125110.jpg
f0065016_16155865.jpg
f0065016_1616771.jpg

[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-15 16:16 | 花とりどり

嵐・・・のその後

f0065016_202487.jpg今日は季節外れの台風のような大嵐。夕方、保育園へ迎えに行く頃には雨もあがり、風も穏やかになっていました。息子は門を出るとタタ〜っと園の畑へまっしぐら!「片方しか見つからんかったんよ〜」とひざ上まで粘土で固めたように泥だらけで、少し大きめの石を抱えて嬉しそう〜に戻って来た。が、石と思ったのは実は靴で、泥にはまってぬげてしまい、しかも片方はどこにあるのかわからないという。どの辺りを走りまわったのかきいても「どのへんだったか忘れた〜」とあっけらか〜んとしているし。もおおおお〜。捜しまわったけど結局見つからないまま。晴れて土が乾いたら、また探します・・・・・
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-11 20:50 | 家族

憧れの青帽子

4月から保育園で一番上のクラスになった息子。憧れのらいおん組の青帽子。進級説明会後に家に持って帰ってくると、早速被っていました。昨日まで被っていた前の帽子も被ってみて「きっつう〜。これ、もうきついわっ」なんて。
不安いっぱいではじめて保育園へ預けた10ヶ月の頃。反抗期。とにかく暴れて暴れて手がつけられず大変だった2〜3歳頃。活発だった性格が一転、何をするにも自信がなさそうに、後ろへ後ろへ下がっていってしまうようだった4歳頃。雨の中裸足で園の門まで泣きながら追い掛けてきたこともあったなあ。5歳になり、たくさんの経験を通して大きくなりました。去年秋の町民文化祭では自信満々に大きく手を振りながら先頭にたって舞台へ登場。それはそれは楽しそうに踊る姿を見た時には、思わず涙が出てしまいました。何にでも意欲的に楽しく取り組めるようになり、成長という言葉では言い表せない程です。変身?今までぼやけていた輪郭がぴしっと見えてきて、ひとりの人間になったという感じ。これからはどんな風に変わっていくのかなあ。
f0065016_10412048.jpg
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-05 10:45 | 家族

晴れの日のはなぐつ

娘は長靴がお気に入り。雨の日だって晴れの日だって毎日履いて出かけます。
今日も「はなぐつはく〜!!」「長靴だよ」って教えてもどうしても「はなぐつ」になってしまいます。はなぐつなんて可愛い靴なら毎日履きたくなっちゃうよね。f0065016_2133786.jpgf0065016_2135037.jpg
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-04 21:04 | 家族

石畳茶会とかんどり舟

f0065016_16353100.jpg
f0065016_164748.jpgNPO法人吉野川みんなの会主催の第十堰でのイベントへ行って来ました。吉野川第十堰は江戸時代に石で堰が組まれた美しい場所ですが、2000年には補修のため可動堰建設か否かで住民投票にもなった所です。可動堰化の可能性はなくなった訳ではないそうですが、現在は青石で補修されています。その石畳でお茶を頂いたり、鮎釣りのための木製の舟『かんどり舟』にも乗せていただけるというので張り切って出かけていきました。水面近くを青い鳥がさ〜っと飛んでいき「あっ。カワセミ!」なんて喜んでいる矢先、空は真っ暗、びゅうびゅう風も吹き出して瞬く間に大雨に・・・。子供は「舟に乗るんじゃなかったのお〜」と怒るし、ぼろぼろ涙をこぼすし・・・。本当に残念でした。この他にも小学生になれば参加できる川や里山でのキャンプなどいろいろなイベントがあるそうなので、又参加したいと思います。
[PR]
by niji-no-tane | 2006-04-03 16:40 | 家族