<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

明けの空

f0065016_7214698.jpg

AM6:10
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-29 07:22 | 空模様

バカボンのパパな〜のだぁ!!

テレビでバカボンのパパの上手な描き方をやっていたので、3人で描いてみました。


f0065016_2285327.jpg←息子


f0065016_2210981.jpg←娘


f0065016_22103178.jpg←私
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-26 22:15 | ちびっこミュージアム

奈良のおみやげ あれこれ

f0065016_0101646.jpgぜいたく豆本舗のお菓子。
素朴な味で美味しい^^
パッケージもカワイイです。


f0065016_0151929.jpg遊 中川にてシカの絵柄のふきんと麻のブックカバー

ちちろで買ったお醤油さし(NATIVE WORKSにあったものと少し形は違います)
 
春日大社のシカみくじ


f0065016_021455.jpg強烈なインパクト 白毫寺のてぬぐい
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-17 00:24 | 家族

秋の大和路 2日目

f0065016_1304060.jpg2日目は予報がはずれてまさかの雨。

この日一番に行ったのは、高台にある白毫(びゃくごう)寺。
着いたはいいものの、とても傘なしで歩けるような状態ではなく、お寺前の駐車場になっている民家の方にお願いして、傘をお借りしました。
天気予報にかかわらず、車に傘は積んでおくべきですね(反省〜)

山門までの石段の両脇には萩がびっしり。素敵です。花の時期も見事だったでしょうねえ。
東大寺などの荘厳で立派なお寺も見事ですが、わたくし的にはこういう風情のお寺のほうが好き。


f0065016_1347352.jpg祝日の次の日、しかも雨ということで境内には私たちだけ。それほど広くはない境内ですが、桔梗、ホトトギス、ナンバンギセル、秋明菊などたくさんの花々が自然な感じで植えられています。
春には1本の木に赤や白、まだら模様の花をつける、樹齢400年の五色椿が美しいそうです。


f0065016_13525985.jpg「やまたかき みてらのうちにあるほどは 
われもしばしのほとけなりけり」
いいことばですねえ〜

お堂の中には平安時代や鎌倉時代の重要文化財の彫像がたくさん置かれてありました。教科書で見たことのある聖徳太子二歳像も。彫像の技術だけでも素晴らしいし、歴史を経てきた重みも凄い。ガラスケースの向こうではなく、日本の宝をこんなに間近で直に見ることができる。やはり古都の懐は深い。


f0065016_1425479.jpgこちらはならまちの中心にある元興(がんごう)寺。
この屋根の右端のほうの瓦は1400年前のものだそうです。


f0065016_14292319.jpgならまちの路地を思う存分ぶらぶら散策の予定だったのに、かなりの雨。

とりあえずちょっと休憩。
樫舎で和菓子とお抹茶をいただきました。まだか、まだかと2階から覗く子供たち。お菓子が運ばれてきた途端、あっという間になくなってしまい、写真は撮れず・・・
くず焼きやわらびもち、栗きんとんなど、やさしい味でとても美味しかったです。

←お行儀ワルっ!!


f0065016_14402048.jpg娘は誰が一番甘えさせてくれるか、いつもよく心得ている。「靴がびしょびしょで履きたくない」とワガママを言い、おじいちゃんにおんぶ。そのうちに背中で眠ってしまい、おじいちゃん、パパ、ママ(私)が交代でおんぶ。
そんなこんなで、あれこれお店へ寄れる状態ではなかったけれど、それでも気になるお店を見つけ少々お買い物。ならまちの古い町並み、ほとんど写真に撮れなかったのが残念です。


f0065016_1641746.jpg

そしてNATIVE WORKSで見たお醤油さしを目指して古書喫茶ちちろへ。

奈良は古い町家をそのままお店として使っているところが多く、看板も小さく手描きだったり、のれんにさりげなく入っていたりする。ちちろもよ〜く見ていないと通り過ぎてしまいそう。
扉を開けると「アレ?」見たことある。ここはもしかして・・・ お茶はせずギャラリーだけを見せてもらう断りをいれて2階へ上がって行くと・・・やっぱりそう。
河瀬直美監督「殯の森」にも出演されていた、うだしげきさんのお店。ご本人がいらしゃいました。
偶然立ち寄ったのだけれど、河瀬監督の映画が好きだということ。「殯の森」では、すいかのシーンと土に横たわるシーンが特に心に残っていると話すと、すいかのシーンは体力的にもすごく大変だったし、土に横たわるシーンはもう切羽詰まっていてぎりぎりの状態だったとおっしゃっていました。
短い時間でしたが映画のこと、奈良や徳島のことなどお話させていただきました。河瀬監督の新作のパンフレット、組画&ならまち文庫新聞をいただいて、外まで見送ってくださいました。気さくであったかい人柄がにじみでている方でした。
今回はゆっくりできなかったけど、今度奈良へ行ったらゼッタイこのお店(店というか、ここは家です!)で本に囲まれてゆ〜っくり時間を過ごしたい!!

旅行最後のしめくくりはくるみの木でお茶。フルーツタルトがすごく美味しかったです^^
そして前から欲しかった古木で出来たフォトフレームを発見!!うれしい^^

駆け足の2日間だったけれど、すごく楽しかった奈良。おおらかでゆったりした奈良。
大好きになってしまいました♪ ぜ〜ったいまた行くゾ〜!!
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-16 14:50 | 家族

秋の大和路 1日目

f0065016_1353435.jpg子供の秋休みを利用して、奈良へ1泊旅行へ行きました。

徳島を早朝5時頃出発し、約2時間半で奈良到着。奈良公園の近くに車を止めて、持って来た朝ごはんのお弁当を食べ外へでると、いきなりのシカ遭遇に大興奮の子供たち!!


f0065016_1358283.jpg今回は千葉の実家の両親を誘っての旅行。両親が駅へ到着するまでには少々時間もあり、早速奈良公園を散策。樹々の隙間から降りそそぐ、朝の光が気持ちいい。子供たちは嬉しくて、意味もなく走る、走る!!
春日大社にも、まだ人がまばらでした。


f0065016_14135441.jpg無事両親とも落合い、お昼ごはんは町家カフェカナカナへ。

たくさんの町家が並ぶ細い路地は何とも趣深い。観光用の街ではなく、そこここから生活の息吹が感じられる。
奈良公園にしろ神社仏閣にしろ囲いはほとんどなく曖昧で、歴史ある建物が人々の暮らしと当たり前のようにとけ込んでいる。ものすごくおおらかな印象を受けました。何だか他所ものでもやさしく受け入れてもらえる感じ。


f0065016_1439073.jpg息子が撮った格子戸越しのねこ。


f0065016_144022.jpg


f0065016_14441075.jpgやはり大きい、東大寺の大仏。


f0065016_14455387.jpg東大寺二月堂より眼下を望む。


f0065016_145007.jpg


f0065016_14513680.jpg子供たちとしばし別れ、東大寺近くのNATIVE WORKSへ。

友人オススメのこのお店は是非行ってみたいところのひとつでした。
ひとつひとつ丁寧に作られた衣服は、とても肌触りがよかったです。この日は柔らかくて温かそうなレッグウォーマーを買いました。

ここに素敵な陶器のお醤油さしが置いてあっったのですが、これは売り物ではないとのこと。近くの「古書喫茶ちちろ」で購入されたということで、次の日、行ってみることにしました。


f0065016_15114294.jpg上の写真はNATIVE WORKSのとなりの建物。
こんなところにもシカが。


f0065016_15134032.jpg私と別行動のあいだ、子供たちはシカの角切りを見たそうで、すごく楽しかったようです。

シカ同士のバトルもこんなにすぐ近くで!!


f0065016_1520796.jpg晩ごはんは猿沢池近くの「田舎料理いづみ」へ。
こちらも細い路地にひっそり佇む小さなお店。70歳くらいのご夫婦がされています。地元の方とおぼしき3名様が帰られてからは、お客は私たちだけだったので、お料理をいただきながら、いろいろとお話もさせていただきました。
お店の看板料理、大分の郷土料理「蚫腸(ほうちょう)汁」は、手打ちの太いうどんを味噌で煮込んだもの。目の前でおかみさんが手で延ばしてうどん作りを披露してくれました。子供たちにも大好評だったこの蚫腸汁。息子は次の日も「昨日のおうどん美味しかったなあ〜。また食べたいなあ〜」と言っていたほど。すごく気に入ったようです。

女将さんが猿沢池がライトアップされていてきれい、とおっしゃるので、路地を抜け石段を上がってみると・・・池の周りの柳にライトがあたり、水面には柳と月が映りこみ、岩に一羽のアオサギがじっと彫刻のように佇んでいる様は、何とも幻想的で美しい。
この時、不覚にもカメラを持っていなかったのですが、美しい一葉の画を心にしっかり刻み込んで、奈良旅行1日目が終わりました。
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-15 15:46 | 家族

完成!!

息子8歳の誕生日プレゼントは、あれこれ欲しいものがいっぱい。
迷って迷ってガンダムのプラモデルに決定!!
プラモデルを作るのはこれで2体目。
1体目より金額も高いこともあり、結構細かい。
はじめこそ「ママ〜ここは?ママ〜次は?パパ〜これは?」と
誰かとなりに張りつていなければいけなかったのですが、いつの
間にか要領を得て、自分で説明書の順番を追いながら、作れる
ようになっていました。
「ボク、細かいの好きなんよ〜」とにこにこしながら^^
これからまだ周りに重装備が着くようなのですが、とりあえず
本体が完成!!
早速ポーズをあれこれとらせたり、2体のプラモを対戦させたり
満足、満足。

f0065016_0153564.jpg
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-10 02:17 | 家族

夜の雨と甘いかおり

f0065016_1295282.jpg

夜 窓をあけると
降りだした雨のにおいと一緒に
ふんわり 
きんもくせいのかおりが漂っていた
姿は見えないのに
しっかりと ここにある
季(とき)をかおりで告げる花
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-10 01:38 | 花とりどり

光のかけら

f0065016_725824.jpg

道ばたで拾った光のかけら
心の宝箱に
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-06 07:26 | 花とりどり

ぞうの小物入れ

f0065016_13583844.jpg

息子が図工の授業で作った楽焼きです。
後ろの緑色のは、去年作った楽焼き。やはり、ぞう(らしい)。
学校から持って帰ると、去年のぞうと今年のぞうで
バトルしてました・・・壊れるゾって言うのに!!
使い方間違ってる!!
[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-03 14:04 | ちびっこミュージアム

秋の色いろ

f0065016_15112895.jpg


f0065016_15115521.jpg


f0065016_15121498.jpg
f0065016_15123346.jpg

[PR]
by niji-no-tane | 2008-10-02 15:14 | 花とりどり