<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0065016_22161646.jpg



21日の晩に息子の同級生が亡くなった
あんなにも可愛らしい10歳の笑顔が
魂がはるか遠くへ行ってしまった
あまりにも悲しくて酷い
こんなことって本当にあるんだ

野球が好きで野球部に入って
去年の今頃は一緒に練習してた
まもなく調子が悪くなって
一緒に練習できたのは3ヶ月ほど
学校も長く休んでいて
誰もどんな病状が知らされていなくて
こんなに悪いなんて思いもしなかったの
だからそのうち必ずよくなって
また一緒に野球ができると思ってた
練習に来てなくたって子供たちはいつだって
「H 入れて15人!」て必ずあたま数に入ってた

今日はいよいよマクドナルド杯の試合
抽選によりうちのチームは2回戦目からの参加
対戦相手は1回戦を15-0で勝ちあがってきたチーム
しかも0点で負けたチームとは以前の練習試合で
うちのチームが負けている・・・
かなりキビシイ試合

でも
今日はかならず勝つんだ!勝たないといけないんだ!
Hのためにも絶対勝つんだ!
昨日お通夜に参列した子供たちはさらに強く
そんな気持ちで挑んだと思う
親たちもみんな必死だったよ
今日は応援してても鳥肌がたったよ

私は仕事でどうしても途中で抜けなければならず
後ろ髪をひかれる思いでグラウンドをあとに
先取したものの途中で逆転され
いつもだったらここでどどどど〜〜〜と崩れていくところ
最後7回表でまた逆転
裏をおさえて
6-5で勝った〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
おとなも子供も
もうみんな号泣だったらしい
相手チームや他チームが
「たかだか2回戦に勝ってなんでこんなに号泣してんの?」て
感じだったらしいけど
この涙は特別なんだよ!
やっぱりH君がみんなに力を与えてくれたんだよ!
公式戦、なかなか1回戦を突破できないようなチームだけど
奇跡ってあるんだね

その後大急ぎでH君の告別式へ
汚れたユニフォームのまんまだけど
きっとそのほうが喜んでくれてるよ!
棺にもH君のユニフォーム入れてもらった

きっとずっといつまでも
みんなの心の中にH君がいるよ
ずっと仲間だよ
またみんなに力を与えてね

[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-24 23:00 | 野球のこと

甲子園球場 楽天×オリックス

f0065016_039617.jpg14日にPCヘ送られてきた楽天のメルマガに
「その場で当たるスピードくじ。楽天イーグルスを応援に行こう!」
の文字。次の日、15日に甲子園球場で開催される対オリックス戦の
チケットが当たるという!?
早速スロットに挑戦してみると見事!4名1組のチケットが当たり!!
ちょうど15日は仕事が休みだったので、子供の授業が終わるとすぐに
甲子園へGO!
ぎりぎり試合開始時刻に間に合い、席へ着くとすぐに1分間の黙祷。

Play Ball!!



f0065016_0524997.jpg1塁側アルプス席からの眺め。


f0065016_0535827.jpgピッチャー田中将大!!



f0065016_05822100.jpgがんばろう東北!


f0065016_1016.jpg楽天勝利!!


f0065016_104953.jpg


f0065016_142463.jpgそして翌16日、高円宮賜杯学童野球大会
マクドナルド杯開会式。
鳴門オロナミンC球場にて。
県内136チームがずらっと勢揃い。
1勝・・・できたらいいなあ。




[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-17 01:20 | 野球のこと

life




f0065016_1002090.jpg




f0065016_1003111.jpg

[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-15 10:03 | 花とりどり

ディア・ドクター

f0065016_947393.jpg




西川美和/監督『ディア・ドクター』。

山あいの小さな村で人々から慕われていた医師が失踪。
そして今までの嘘が明かされていく。

過疎地の医療という重いテーマながら、わりと軽いタッチで描かれていたように思う。
それは多分現実がそうだからなのかな。高齢化や医師の不在、さまざまな不安をかかえ
ていても、そこで生活している人たちはいつもどんより暗い顔をしているわけではなく
淡々とした毎日の生活の中でやりがいや楽しみを見つけ、人と関わり合い笑いながら
生きているから。

医師の嘘、嘘だとわかっていても協力してきた人たち。住民たちも薄々感じてはいたの
ではないかな。それでもその医師の存在は心の拠りどころで、その嘘は本当に悪いこと
なんだろうか?
事実がわかっても皆、自分に被害を被ることを避けてか医師のことを積極的に擁護もし
ないかわりに、悪くも言わない。

その村に通う製薬会社の人(香川照之)が倒れて、さっと手を差し伸べた刑事に言う
ひとことが心に残る。
「僕となんの関係もないのに、なぜ手を差し伸べたんですか?
 そういうことじゃないですか?」

本当に必要なことって何なんだろう?
人は死ぬまで人らしく生きたいと思うし、自分らしく死にたいと思うのだろう。

この映画を観た人のあいだで賛否がわかれるという最後のシーン。
現実的なストーリーとしてはありえないと思うけれど、彼が現れたのは、希望の象徴と
してではないかと私は思う。そう思えるのは、患者(八千草薫)の表情によるところも
大きいかもしれないけれど。

社会的な問題を社会的になり過ぎず、登場人物ひとりひとりの葛藤や苦悩など人間らし
さを描くことで伝えてくれる西川監督の映画は、やはり興味深いと思いました。
[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-15 09:54 | 映画

春の土手




f0065016_12583979.jpg




f0065016_12585076.jpg

[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-06 12:59 | CONTAX T2

姫路城

f0065016_019663.jpg
f0065016_0192790.jpgf0065016_0194421.jpg



予定していた千葉への帰省を取りやめたため、すっかり春休みのお楽しみがなくなってしまった子供たち。
ラクに日帰りできて旅行気分になれるところ、どこかないかな〜と考え・・・
姫路城へ行ってみることに!
「なんで城〜?」って言われたけど、となりに動物園もあるらしいし、ね。

現在大規模な修理中のため、お城はこんな感じ↑で覆われてしまっています。
そのかわり修理の様子や、普段は見ることのできない天守に乗っている瓦などを
間近で見ることができます。


f0065016_032082.jpgf0065016_0322653.jpg

f0065016_0365559.jpg

お城の中は3階まで見学できます。
歴史は疎いですが、昔の人々のことなどを思い浮かべながら
見学するのは楽しいですね^^


f0065016_038583.jpgf0065016_0392185.jpg


f0065016_0405428.jpgf0065016_0411256.jpgf0065016_154744.jpg


漆喰の壁や古瓦、石垣。いいですね!
なぜシカク・マル・サンカクになっているんでしょうか?お洒落心のデザイン?
こういうところに惹かれます。


f0065016_0574330.jpg


f0065016_10595.jpgf0065016_134036.jpg


f0065016_185142.jpg


f0065016_1104384.jpgf0065016_111014.jpg


こじんまりとした動物園でしたが・・・娘が見たがっていたカバがいてよかった(^^;
それでも結構な時間ゆっくりとみてまわって充分に楽しみました。


晩ごはんは帰る途中の淡路島、リゾレッタで。
地元淡路の食材を使ったイタリアンのお店です。
写真はありませんが、お野菜たっぷりの前菜、アクアパッツア、猪。
息子が気に入って2皿目頼んだのに、私の口にはほんのちょっぴりしか
入らなかったミートソースのパスタ。1枚しかまわってこなかったピザ。
どれも美味しかったです。
初めてうかがったお店でしたが、子供たちの旺盛な食欲にシェフも
喜んでくださったようでした。



ゆったりのんびり・・・楽しい1日でした^^
[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-05 01:23 | CONTAX T2

甲子園のボール

f0065016_1512594.jpg

f0065016_15131091.jpg




21世紀枠で甲子園初出場を果たした徳島・城南高校。
1回戦では甲子園の常連校、兵庫・報徳学園を破る快挙!
よくがんばりました^^

応援に行かれた城南高校OBの方が、未来の甲子園球児(?!)のために
ごった返す売店で記念のボールをゲットしてきてくれました!

こうしていろいろな方が心にかけてくださって、本当にありがたいです。

今年のセンバツは何時にも増して様々な想いが深いと思いますが・・・
ひたむきな姿に心打たれます。

[PR]
by niji-no-tane | 2011-04-01 15:35 | 野球のこと