卒園

f0065016_2247622.jpg
生後10ヶ月からお世話になった保育園を今日卒園しました。
夫と折に触れよく話します。「本当にこの園でよかったね。」

不安いっぱいで始まった保育園生活でしたが、家庭だけでは経験できないたくさんの貴重な体験。多くの愛情に囲まれて成長できたことは、きっとこの先の長い人生、つらい事、苦しいことがあっても乗り越えていける力になっていると信じます。
親にとっても初めての子育て。不安や悩みを先生方に相談できたことで、どれだけ心強かったことか。おおらかに、ひとりひとりの好きなこと、得意なことを見つけて伸ばしてくれた、本当にあたたかい、あたたかい園でした。

そして赤ちゃんの頃から兄弟姉妹のように育ってきた仲間たち。仲良く遊んだり、時にはケンカしたりしながら、人との関わりを学んできました。イジワルなことに卒園式前にインフルエンザが流行。体調を崩して休んでいた子も多かったのですが、19人揃って今日を迎えることが出来て本当に良かった!!

式ではもうもう泣かずにはいられないような演出がたっぷり!!
子供たちは先生手編みのコサージュを胸に付けてもらい、園長先生からひとりひとり言葉をかけてもらい修了証書をいただきました。そしてそれぞれに名前の由来を発表して、極め付けは成長記録のスライド。
保育園に入った赤ちゃんの頃とみちがえるほどに大きくなった6歳の今。自分の子供だけでなく、19人ずっと成長を見続けてきているので、どの子を見ても胸が詰まる想い。
そして手話付きで歌も披露してくれました。こんなにたくさんのことをしっかりと出来るようになったんだね。

これから先、たくさんの新しいことを吸収して、楽しい日々を過ごして、小さな頃の出来事や友達、先生のことは、もしかしたら記憶が薄れていってしまうかもしれない。忘れてしまうことも多いかもしれない。でも、この園で過ごした日々は心や体の真ん中にきっと染み込んでいるはず。その宝物を栄養に、これからもすくすく大きくなあれ、希望の若葉たち!!
[PR]
by niji-no-tane | 2007-03-24 23:49 | 家族
<< あぜ道の声 ふわふわの行方 >>