東京タワー

f0065016_0541869.jpg登場人物の誰の立場にたって観るのか。観る人によって随分違ってくると思うのですが、やはり私はオカンに自分を投影して観てしまいました。
子供にとって望ましいような環境でなくても、芯がぶれなかったらきっと大丈夫なんだと。しっかりと愛情が届いていたら信頼がゆらぐことはない。まずは信じること。ボクにとっての「ぬかどこ」のように、うちの子供たちにとってのぬかどこって何なんだろう?
ボクが卒業できないとオカンに電話で話した時、怒ったりせずに「どうして頑張れんかったんやろうねえ」と言ったオカンの対応。大人になったボクへの「どうもありがとうございました。」という言葉。印象に残っています。
[PR]
by niji-no-tane | 2007-05-08 01:15 | 映画
<< 雨の日に すこやかに おだやかに しなやかに >>