人気ブログランキング |

宇和島・南レクキャンプ

f0065016_0332321.jpg

愛媛県宇和島市にある南レクキャンプ場へ行ってきました。
同じ四国とはいえ西の端。やっぱり四国って広い!!徳島から5時間近くかかりました。
途中ちょこちょこ休憩とっての、のんびり運転ではありましたが。

すご〜くロケーションのいいキャンプ場でした。上の写真はテントサイトから見える風景。
凪いだ湾に養殖の筏が並んでいます。
このあたりは鯛、はまち、貝類、そして真珠の養殖がさかんだそうです。

f0065016_0493054.jpg

1日目。テントやタープをたて終わったらもう4時になってしまったので、とりあえず近くのサーキットへ。
ふたり乗りゴーカートで3周。助手席だったけど、それでも息子は楽しかったみたい。写真ではすっごくスピード出てるように見えるけど、まあ、ゴーカートなので、そこそこに(笑)


f0065016_0593848.jpg
夕陽が沈んできて、刻々と移り変わる景色。
何かに追われることなく、ただゆっくりと時間がすぎてゆく。幸せなことですね。

f0065016_133741.jpg

f0065016_1404.jpg


f0065016_142118.jpg灯台に灯りがともりました。






2日目。宇和海展望タワーとジャンボプールへ。
馬瀬山山頂タワーから見る宇和海がとても美しかったことは言うまでもないのですが、思いがけず衝撃を受けたのが、同じ公園内にある「紫電改展示館」。
紫電改・・・私はまったく知らなかったのですが、終戦間近に開発された戦闘機だそうです。
この戦闘機が近くの湾に沈んでいるのが発見され、引き揚げられて展示されています。戦闘機なんて見るのは初めてで、ずっと海の底に沈んでいたから大分腐食してはいるのでしょうが、当時の最新鋭といったって私には大きなプラモデルぐらいにしか見えなくて、こんなものに乗って若者が飛び立っていかなければならなかったなんて、もう本当につらくてつらくて、涙が・・・
なんで戦争なんてしなくちゃいけないんだろう・・・「戦争はアカンよな!」と子供たちもなにか感じとってくれたみたい。ひとりひとりがそういう気持ちをもって、戦争のない世界でありたいですね。


f0065016_136565.jpg


3日目。朝ごはんを食べて早々に帰り支度。
そのあいだ子供たちはシャボン玉♪


f0065016_1402866.jpg設営、撤去もずいぶん手際よくなってきました。自分たちが慣れたこともあるけど、子供たちが成長してきたおかげもあるかな。
ふたりでケンカしつつも遊んだり、お手伝いしたり。
お手伝いのほうはまだまだ、やりたい!→思うように上手にできない→腹立てて八つ当たり!!というパターンではありますが(笑)
夜は4人でババぬきや神経衰弱したりと、トランプまでできるようになって、大きくなったなあ〜^^


f0065016_1471866.jpg高台にあるキャンプ場を下りてくると、岩松川があります。そして川沿いには古い町並みを残す商店街。帰りがけに散策してみました。


f0065016_1503367.jpg
f0065016_1512868.jpg狭い路地って楽しい♪


f0065016_1521282.jpg


f0065016_1531335.jpg


f0065016_1535833.jpg



f0065016_1594635.jpg徳島への帰途、ukiki_kumiさんがブログで紹介されていた四国中央市の「Lamp」というカフェに立ち寄りました。
海沿いに建つお店へ入るとカウンター越しの窓からはその海が見えて。
錆びたおもちゃや小さなビン、アルコールランプ、天秤ばかり(←これに息子は興味津々!!触るな!って言うのに!!「ボクっててんびん座だよなあ〜」ってあんまり関係ないし)、小さな庭に置かれている植木鉢の数々。さりげなく置いてあるものひとつひとつに雰囲気のある、とても居心地の良い素敵なお店でした。
居心地の良さを子供たちも感じたようで、「ここ、お家みたい」とすっかり寛いでお行儀悪くて、反対に私は寛ぐどころじゃなかったです。


f0065016_2201657.jpg

見えにくいですが、カウンター越しの風景。
もっと近かったらいいのに。いつかまた行けたらいいな。
by niji-no-tane | 2008-08-27 02:30 | 家族
<< 秋の味覚?! 生まれてから何日? >>